【KindleUnlimitedとは?】本読み放題のサブスクを徹底レビュー!

( ゚∀゚)・∵. 皆さんこんにちわ れいすけ@reisuke_0429です。

突然ですが、本を1冊買ったらもったいなくて最後まで読み切ろうとしていませんか?

僕はしていました。

そんな過去の自分におすすめしたいのがKindle Unlimitedです。

もちろん1冊読み切るのは素晴らしいこと。

でも時間がかかりすぎてしまうとせっかくの読書も苦痛になってしまうかもしれない。合わない本だってあるからね。

そこで今回はKindleUnlimitedってなんぞや?って人向けに、

  • Kindle Unlimitedでできること
  • PrimeReadingとの違い
  • 使用感、メリット・デメリット
  • 料金、無料体験など

について書きます。

1冊1000円以上する本を月980円でいくらでも読めるので、ちょっとでも興味がある本はどんどんつまみ食いできます。

僕このサービス使い始めてから興味あればサクッと読み、つまらなかったらそっと閉じることが出来るようになりました。

Kindleunlimitedを勧めたい人
  • 小説・雑誌・ビジネス書などなんらか毎月1冊以上本買う人
  • 電子書籍読む人
  • 色んなジャンルの本に手出してみたい人
  • 1冊買ったら頑張って読み切ろうとする人

(( ゚∀゚)<30日以内に解約すれば料金は一切かかりませんよ!(・ω・`*)マジッスカ)

( ゚∀゚)・∵. もくじ

Kindle Unlimitedとは?

Amazonの読書サブスク(月額980円)

Kindle UnlimitedはAmazonの電子書籍「Kindle」の月額定額制サービスです。

月額980円で登録するとKindle本読み放題です。

でもKindle本が全て読み放題になるわけではなく、Kindle Unlimitedの対象本となっている本のみが対象になってきます。

対象となっている本は何冊でも読み放題。一月100冊以上読んじゃう猛者もいるみたい。

本は端末にダウンロードして読みます。(iPhone・iPad・Kindle端末などなど)

どうでもいいけどAmazonってもともとオンライン書店だったらしいですね。ちょっぴり意外。

対象冊数が120万冊以上

「洋書が120万冊以上、和書が12万冊以上」という膨大なラインナップを誇るさすがのAmazonサービス。

洋書なんて読めないから僕にとっては実質12万冊なんですが、それでもすごい量です。

そして豊富なジャンルが用意されています。

係員

どんなジャンルあるの?

普通の本屋さんレベルにはジャンルがあるかと。

普段絶対に手を伸ばさないジャンルも気軽に手に取ることができるんで、重宝します。

心理学、仮想通貨とか、よく言葉に聞くけどあまり知らない世界の本を試しに読んでみると意外とハマったりするかもしれません。

係員

実は読みたい本が全然ない!!ってこと多いんじゃね?

常にあれを買う!と目的意識を持って本屋に行く人には別にいらないかもしれない。

けど「なんかいい本ないかな〜?って本屋に行くタイプの人」はサブスク使ったほうが安い

だし、いろんなジャンルの本に触れられるのでオススメですよ。

対象本のレンタル方式

「同時にレンタルできるのは10冊まで」という縛りがあります。

11冊目からはどれか1冊削除しないとダウンロードが出来ません。

気になった本を片っ端から落としているとあっという間に10冊行くので少し煩わしい。

ハリーポッターシリーズ読んでいた時はハリポタでパンパンになってしましました。

Kindle Unlimitedのメリット・デメリットとは?

デメリット

新刊が少ない

新しい本もあるっちゃありますが、今話題のあの本!的なものはないと思ったほうがいいですね。

2〜3年前の売れた本とかは割とあると思います。

本を探しにくい

AmazonとかSpotifyみたいな最近のサービスはみんなそうですが、履歴に紐付いたオススメが出てくる機能のせいで、探しにくいんですよね。

大量の一覧が欲しい僕にはちょっとイラつきポイントですw

逆にピンポイントで探すのは、Amazon様なので当然、秒で見つかります。検索強いからね。

メリット

「せっかく買ったのにもったいない」って感情にサヨウナラ〜

本屋で本を買うと、本当はクソつまらないのに、もったいなくて最後まで読み切ろうとしちゃっていませんか?

1500円近く払ったのに、少し読んでやめるってなかなか罪悪感。

係員

高級レストランでめっちゃまずいけど頑張って最後まで食べようとするみたいな。

こういう人って結構いると思うんですよ。実際僕もそうだったので。

でも世の中にはつまらない本、自分には合わない本がたくさんあるんですよ。

Kindle Unlimitedを使ってみると、レンタル形式なので、一瞬気になれば即借りることが出来るし、つまらないものはソッコーで返却することも全然ありです。

ぶっちゃけ僕は1章しか読まないとかもはや普通です。

それにたくさん色んな本読んでると、目利き力がついてくるので、本屋で買うときも失敗しづらくなりますよ。

新ジャンルに手だせる

読み放題だからつまらなくても気にせず辞められます。

なので知らないジャンルをネタ的に手出すこともできる。

本屋で初めてのジャンルの本買うときって慣れてないと意外と勇気いりません?

お前が美容かよwwとか、経済って面かよwwとか思われてそうで僕は勇気が入りました(笑)

ネットだと気にしなくていいし、定額だと費用も心配しなくていいから助かってます。

入れ替わりがある

毎月今月の追加本として入れ替わっていきます。

逆にある日突然おきいに入りが消えるかもしれないけど、僕としてはメリットかなと。

毎月チェックしています。

他にもデメリット・メリットを僕なりにまとめた記事がありますので、よかったらどうぞ。

Kindle Unlimitedを使うと、図書館的な気分になれます。

PrimeReadingとの違い

AmazonPrimeの会員特典として、PrimeReadingがあります。

Primeビデオ見る人は多いけど、、実はKindleも定額で読めちゃうんですよ。

僕の周りでは使ってる人見ませんがw

だけどPrimeReadingだと、読める対象本がかなり少ないんですよね。

Unlimitedと比較するとこんな感じ。

KindleUnlimitedPrimeReading
約120,000冊(12万冊)約1000冊
月980円(単独)月500円(プライム会員分)

比較すると圧倒的優勝ですね。PrimeReadingのなんというオマケサービス感。

僕も最初は本に毎月980円かあ・・・と思ってPrimeのみだったのですが、対象本探しているとKindleunlimitedマークついてるのが多くて歯がゆかったです。

あくまでPrimeReadingはKindle Unlimitedのお試し版って感じかなと思います。

そしてUnlimitedはPrime会員にならなくても使えます。

完全に別物サービスって感じですね。

KindleUnlimitedの料金は?

KindleUnlimitedは月額料金

Kindle Unlimitedは「月額980円」で利用ができます。

プライム会員とは別の料金設定なので、Prime会員が500円、Kindle Unlimitedも入ると月1500円しちゃいますね。

Prime会員なら割引してほしいですがこればっかりは、しゃーないです。

ちなみに月末締めでなく、入った日からスタートっぽいです。

僕は9日加入なので毎月9日に引き落としされてますね!

高いか安いかで言ったらまあ妥当・・かな?

個人的にはもう少し新刊が多いと文句なしかなー。

無料キャンペーン

Kindle Unlimitedは30日の無料体験ができます。(KindleUnlimited公式ページリンク)

お試し期間中に辞めても料金はかからないので、興味のある人は一度お試しする価値はありです。

30日以内に解約しないと自動継続されるので、解約する人は忘れずに解約するようにしましょう。

Kindle専用端末を買うと3ヶ月無料サービスがついてきます。(Amazonリンク)

僕はこれで開始しました。月980円×3か月=3,000円分がお得!!

Kindle端末はとにかく目に優しくとても読みやすいので、Unlimited加入に合わせて買うのも有りです。

実際僕買ってますからね。個人的に(Kindle+Unlimited=最強)黄金コンボです。

Kindle端末買う時は、広告有りのほうが単純に安いのでおすすめします。あまり差はありませんからね。

Kindle Unlimitedで読める本は?

実際にどんな本を読むことが出来るのか??

次の記事で僕が実際に読んだ本をまとめておりますので、ご覧ください(つд⊂)

>>>【KindleUnlimitedで読める本】実際読んだ本一覧のまとめ

Kindle Unlimitedの使い方

ハイライトを使いまくろう

電子書籍ならではの機能としてKindleにはハイライトという機能があります。

アンダーラインを引いて、引いた箇所がずっと記録として残る機能です。

ノートやブログ、SNSやる人なんかにはもってこいの機能かと!

ジャンルごと検索

ジャンルがたくさん、本もたくさんあってぶっちゃけどんな本あるかな〜視点だと結構探しにくいので、探し方記事をどうぞ。

オススメ機能がちょっと個人的にうざいので。

複数端末で同期できる

複数端末で同期させながら読書できるからいいんですよ。Amazonマジ便利。

端末は1アカウントにつき6台まで登録可能で、ネットにつなげればそれぞれの読書状況が同期ができみたいです。

僕は今んとこ「Mac・iPhone・iPad・Kindle Paperwhite」と4端末で使っていますが、これが結構便利です。

  • 寝る前Kindle Paperwhiteで目に優しい読書
  • 休憩時間はiPhoneでちょっぴり読書
  • 休日はコーヒー片手にMacで読書
  • だるい時はソファで寝ながらiPadで読書

追加で嫁のiPhoneも中に含めようか検討中です。本読ませないと人生詰みますからね。

結論:KindleUnlimitedでもったいない病から脱けだそう

最後にもう一回まとめると、

  • 月額980円で対象本読み放題、Primeリーティングとは別料金
  • 同時に10冊までレンタル可能
  • Kindle端末6台まで登録可能で同期可能
  • ハイライトで線引いたものは返却しても読める
  • 無料期間中に解約しても無料期間中は使用可能
  • 対象本は多いけど新刊は少なめ

僕はKindle Unlimitedを母艦にしつつ、気になった新刊を別途買う!パターンでやってます。

いきなり加入よりは、まずは30日間の無料お試し期間をやってみてください!

もしくは思い切って3ヶ月無料つきでKindle端末を買っちゃうのがいいかなあ?って思います!

(( ゚∀゚)<30日以内に解約すれば料金は一切かかりませんよ!(・ω・`*)マジッスカ)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

( ゚∀゚)・∵. もくじ
閉じる